トップ  ›   正友会のご紹介

正友会のご紹介

理事長あいさつ

理事長 長谷川 智一

正友会は、昭和52年4月に創業者の生誕の地である「まんのう町(旧満濃町)」に特別養護老人ホーム満濃荘を開所いたしました。日本全体の平均より速いスピードで進む高齢化の中、地域のニーズに沿いながら事業を展開してまいりました。今日まで頑張ってくることができたのは、我々を信頼していただいたご利用者や地域の方々に支えられてきたからだと信じております。

これからも地域にとって必要な社会福祉法人であるために

「相手を尊敬」向き合ったすべての人の言葉を素直に受けとめます。
「日常に感謝」日常の事は様々な人々の努力の上に成り立っています。
「常に謙虚」   してあげるではなく、させていただきます。

この気持ちを行動に換えて、さらに信頼関係を築く努力をしてまいります。

正友会の理念

法人訓

知愛一如

知愛一如

法人理念

  • 信頼関係を築きながら、提供するサービスが満足して頂けるよう、日々努力研鑽します。
  • 社会福祉を地域と共に考え実践します。

私たちの姿勢

人間には様々な顔があり、心があり、感情があり、一人ひとりの生活がある。
 一人のあなたと共感できること
 あなたが望む暮らしをささえること
その目的に向かって共に過ごし始めると、私はあなたに支えられていることを知ります。

ロゴマーク

正友会

2つの青色は重なり合う手のひらを表現。その間に正友会の頭文字「S」があります。
ご利用者、ご家族、地域の方々、そして職員がお互い信頼し合い、支え合い、協力し合う関係でありたいとの願いが込められています。
青色は「誠実性と知性」、ピンク色の丸は「心」。明るい色あいで将来への希望を表しています。

法人概要

設立
昭和51年11月5日
事業内容
第一種・第二種社会福祉事業
公益事業
収益事業
代表者
理事長 長谷川 智一
職員数
222名(平成30年4月現在)
事業拠点
仲多度郡まんのう町4ヶ所、善通寺市1ヶ所
表彰
日本経営品質賞「経営革新奨励賞」(平成26年度)

まんのう町内を中心に、5拠点で事業を行っています。

沿革

 
昭和51年11月 社会福祉法人正友会 設立
昭和52年 4月 特別養護老人ホーム 満濃荘 開設(定員50名)
昭和62年3月 満濃荘地域交流ホーム新築
昭和62年10月 満濃荘デイサービス事業開始
平成元年 3月 満濃荘 増築(定員110名)
平成2年11月 満濃荘ホームヘルパー事業開始
平成3年11月 仲多度南部在宅介護支援センター事業開始
平成4年5月 特別養護老人ホームやすらぎ荘開設(定員30名)運営を旧琴南町より受託
平成4年7月 やすらぎ荘デイサービスB型事業開始
平成5年4月 緊急通報システム整備事業開始
平成5年6月 琴南町高齢者生活センター(定員13名)運営を旧琴南町より受託
平成10年3月 特別養護老人ホーム仲南荘 開設(定員50名)
これに伴い満濃荘の入所定員は80名となる
平成12年4月 介護保険制度開始
平成16年12月 満濃荘全面改築
平成18年4月 琴南高齢者ふれあいランド開設(やすらぎ荘デイサービス・琴南地区給食サービス事業を移設)
平成18年6月 ふれあいランド友の会(自主事業)開始
平成19年8月 グループホームよりあい開設(1ユニット)デイサービスセンター事業開始
平成22年4月 グループホームよりあい 増築し2ユニットとなる
平成26年7月 デイサービスセンターおひいさん開設
平成28年4月 満濃荘新館増築 デイサービスを移設(1F)
短期入所40床増床(2F・3F)

トップに戻る